透析をする人を受け入れられる老人ホーム

人工透析というのは腎臓機能の代替として行うことになりますので、定期的に通院をしなければならないということになります。
それも何週間に一回とかそういうレベルではなく、3日に一回とかそれくらいの頻度で定期的な通院が必要になります。
そのため、老人ホームにおいて、病院へどのような形で行くのかということが難しかったりします。
老人ホームのすぐ隣が病院とかそういう立地であればよいでしょうが、そうでないところはなかなか受け入れが難しいというケースもあったりします。
病院なのでそれなりに送迎なども行っているでしょうから、そういうサービスが利用可能かどうかというところから、入居可能、対処可能であるかということが決まるというわけです。

当然ですが、人手が必要になりますので、一人受け入れているからといって二人目も受け入れるのかと言うと、やはり施設によって違うことになります。
車椅子などでもよいので自分で移動できるのかどうか、ということに左右されたりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です