老人ホーム探しはプロにおまかせ

人工透析をうけている祖母が、高齢なこともあり2日に1回の定期的な通院も自力では難しくなってきたので、埼玉県内で透析患者でも入居可能な老人ホームを探しはじめました。

まずどのように探せばよいかわからなかったので、老人ホームの紹介センターに電話をしてこちらの事情を話すことから始めました。

さすが老人ホームに精通したプロとだけあって、こちらの質問には的確に答えてくれるし、まず何から始めて、どの様に手続きを進めていったら良いかまで、丁寧に教えてくださいました。

今回話を聞いてくれた相談員の方がおっしゃるには、介護認定をとってからの方が入居できるホームの幅が広がるとアドバイスを頂いたので、まずは介護認定の申請をして、要介護1と認定されました。

無事に要介護1の認定がでたと担当の相談員に連絡をすると、すぐさま条件に合う老人ホームを探して、いくつかピックアップして施設のパンフレットを送ってくださいました。

やはり透析患者はどこの施設でも受入れてくれるわけではなく、2施設の老人ホームを紹介してくれましたが、その施設は提携の透析病院があり、病院が送迎をしてくれるところで、透析患者用の食事にも対応しており、祖母にぴったりの老人ホームだと思いました。

すぐに予約を取ってもらい、見学に行きましたが施設は満室でしたので、空いたら声をかけてもらえるように待機をかけてきました。
今はいつ施設から声がかかってもいいように、入居に向けての準備を進めています。

老人ホーム探しは、どこかにポイントを絞って探すことが重要なのだと勉強になりました。 祖母の通院介助はしばらくの間、ヘルパーさんにお願いしたり、身内で対応していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です