透析が必要な状態で入居できる施設!?

まず、老人ホームには、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、有料老人ホーム、軽費老人ホームなどがあります。
このなかで、養護老人ホームについては、一人ぐらいできない特段の事情がなければ、入居はほぼ不可能です。有料老人ホームと軽費老人ホームは、ある程度、身体が動ける方が優先される傾向にあります。特別養護老人ホームについては、入所に対して緊急度の高い方から、入所となるケースが多いです。

さて、そこに透析が必要な状態でも老人ホームに入所することが可能かとなると、かなり難しくなります。そこで、事前にケアマネジャーに「現在、透析が必要な状況であること。週に何回くらい、どこの病院まで透析に行かなければならないか。透析に行く際には、送迎をしてくれるか」について、必ず確認を取る必要があります。
入所できたとしても、透析に行く際に送迎してくれないとなれば、新たな金銭的・肉体的負担が発生します。
現在の介護現場の人出不足の状況では、透析が必要でも受け入れてくれる施設は少ないです。

しかし、全くないわけではありませんから、ケアマネジャーに一生懸命に探してもらう必要があります。万が一、うまく見つけられない場合には、ケアマネジャーの変更も視野に入れておく必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です