定期的に人工透析に連れて行ってくれる老人ホーム

腎不全など腎臓の機能が低下すると、体内の老廃物を体外に排出することができなくなってしまいます。
そこで最悪の場合人工透析が必要になってきます。
人工透析の患者数は国内に約325,000人おり、年々増加しています。
そして、その半数近くが糖尿病性腎症が原因となっています。
1度人工透析が始まると、週に3日のペースでずっと続けていかなければならなくなります。

自分で通院することができる方は良いのですが、お年寄りの場合は大変です。
特に老人ホームに入って介護を受けなければならない状態の場合は、問題になってしまうことでしょう。

ただ、人工透析でも入居が可能な老人ホームは全国に150か所以上あります。
ネットで検索すれば見つけることができますが、人工透析が可能な病院が併設されている老人ホームもあれば、介護スタッフが定期的に病院まで連れて行ってくれます。ただ、老人ホームに空きがないと入居できないので、入居希望者はしばらく順番待ちをしなければならないこともあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です