人工透析の人でも介護施設へ

人工透析をしなければならない上に、介護をしなければならないというようなご老人の場合、どのような老人ホームに入るべきであるのかといいますと、基本的に透析をする設備はともかくとして、いい病院が近くにあって透析を行うことができるということがある意味前提になったりします。

透析患者が多いとかそういうことが問題ではなく、対応できるリソースがあるのかどうかということです。
車椅子で向かわなければならないような人であるのかということなどもありますし、人によって実はかなり違ってくることになります。

人工透析は、決まった頻度で定期的にやらなければならないということになりますので、かなり人手がそこに取られることになります。
そういう人を集めて一気に行うということができるのであれば、そこそこ効率的に行えるのですが、そうではないところも多いので注意しておきましょう。
問題となることは、施設云々というよりも近場に透析ができる病院があるのか、ということであったりするわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です