透析でも入れる老人ホームの介護の知識

老人ホームの種類について、 大きく分けて民間と公的守施設に分けられます
民間施設では、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などが在ります。
公的施設としては、ケアハウス、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設(療養病床)などが在り此の中から自分にあった施設を探します。
この他に一番多いのが民間のグループホームです。

人工透析については、腎臓が機能せずに週3回(4時間)機械を使って老廃物と水分を抜かなければなりません。
受け入れてくれる施設は在りますが、施設側の勤務している介護職員に透析の知識があるのか、原則として透析は病院か施設で行うので「通院介助」が必要になります。更に施設側がきちんと配慮してくれるのか、食事や水分の制限など管理が必要です。その他合併症や感染症なども注意が必要になります。

高齢者向け透析患者の施設は割と多く在りますが、施設内の透析に対する知識を良く話し合った上で決めるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です