透析の方に必要なもの

腎臓病と人工透析について解説していきます
透析の方に必要なのは、自身で行えるなら腹膜透析で、それを実践するには腹膜にカテーテルを埋め込む手術も必要です。
人工透析の場合、透析病院へ通わなければならないため、病院への往復時間と、処置をしてもらっている3~5時間という長い時間です。それも1週間に3、4回行わなければならないため、単に通院と言っても長時間を費やしてしまうのです。

老人ホームでの受け入れを拒否される場合、その「時間」の問題が多く、それに充てる人材が確保できないという理由があるようです。
透析を受けている患者を抱えている家族は、その時間という問題を埋めるべく、介護施設にお願いしたり、送迎付きの病院を探したり、介護タクシーの利用、あるいは家族が送迎を担当したり等、いろいろな方法を取っているようです。

高齢者の場合、普段の介護に加え病院への通院を家族で行うには、相当な負担があるようです。病院で透析をしている時間だけが介護から開放される時間といっても過言ではなく、在宅看護を取り入れなければ共倒れということもあります。

透析痴呆という副作用が現れれば、さらに介護をする側の負担が増しますので、医療と送迎が克服できる老人ホームを探している方は多いのです。