受け入れてくれる老人ホーム

透析患者を受け入れてくれる老人ホームは大変少ないのですが、医療法人が運営している療養型病床群と呼ばれるところだと、受け入れは容易なようです。ただ、同じような悩みを抱える高齢者は多く、医療依存度が高い方ほど療養型施設を望みますので、ベッドの空きというものは非常に少ないと言われてます。

療養型病床群は、普通の病院を同時経営しているため、外見はただの病院ですが、看護や治療が必要な高齢者は病棟を分けてそこに暮らしているのです(入院)。
他に、受け入れてくれる老人ホームは、介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームなどですが、全てが受け入れているわけではありません。透析病院が併設されているなら受け入れてくれる可能性は高いですが、入所希望者が多く、ハードルは高くなるでしょう。
上記老人ホームによっては、病院の送迎と透析の間の時間がクリアされれば受け入れてくれる可能性もあります。

受け入れ先を探すなら、透析を実施している病院や、かかりつけ医院のソーシャルワーカー、主治医に相談をし、沢山の情報を集めてみると良いでしょう。インターネットでも検索できますし、介護保険施設では難しいという意見もありますので、まず、病院情報から検索してみてはどうでしょうか?